PCを持って外で仕事をする際に持っておく別4つのアイテム

PCを持って外で仕事をする際に持っておく別4つのアイテム ガジェット

皆さんこんにちは。ガジェット好きリモートワーカーの小島宏和です。

たまには家じゃなくていい感じのカフェで仕事しようとか打ち合わせでPC持って移動するとか、普段と違うことをしようとする日に限ってトラブルって起こるんですよね。前日充電するの忘れてて出先にコンセントがなかったり。めっちゃわかります!

今回はPCを持って外に出る場合に便利なガジェットを紹介します!

PCも充電できるモバイルバッテリー

モバイルバッテリーってPCを充電できるもの少ないんですよね。連続して客先でガッツリ画面見せながらの打ち合わせが続くと、いつの間にか充電がなくなって焦ることになります。

大容量でかつPC充電OKという但し書きがつくモバイルバッテリーは限られますが、おすすめはAnker PowerCore III 19200 45W。充電可能なノートPC機種も明記してあり安心して購入できます。同時に3台のデバイスを繋ぐことができ、Mac Book Air 13インチなら一回、iPhone12であれば4回以上満充電できる容量です。

これを持って歩けば、コンセントがない環境での仕事でも一日持ちそうです。ただし各デバイス用のケーブルはしっかり持って、あと、そもそもモバイルバッテリーの充電忘れがないように気をつけて…。

膝の上にPCを置いて作業できるテーブル

電車移動中や車移動中に膝の上にPCを置いて作業するときに、高さが足りない+熱いのがいやだと感じる方は多いのではないでしょうか。そんな時にすごく便利なのが膝上テーブルです。

PCが滑らないようにパッドで加工されており、熱防止素材により熱さが伝わりません。大きさも重さも持ち運びの支障にならないサイズです。マウス用のサイドテーブルもあり、使い勝手も良く考えられています。

移動先で膝の上に置いて作業するにはもちろん、自宅で本格的なテレワークスペースを作れない人もこれがあればダイニングのソファで仕事ができます。ただ、長時間作業することを考えるとやはり膝の上に置きっぱだと姿勢が悪くなるし腰を痛めるかも。個人的には外出時や気分転換に家の別の場所で作業するときに使うのがベストかと思います。

USBポート付きPCバッグ

スマホをいじりながら歩く場合に手提げタイプのバッグだと両手が塞がりますよね。リュックタイプであれば手は空くしPCの重さから腕が解放されて楽です。さらにUSBポートがついているタイプなら中にモバイルバッテリーを接続することで、リュックが充電ポートにリュックからニュッとケーブルを出して手に持っているスマホを充電しながら歩けます。

また自転車で移動する場合にもリュックはやはり楽。東京都内であれば街中のレンタサイクルに颯爽とまたがって街から街へテレワークスポットを探してさすらうのにもリュックは最高です!

電源タップ持ち歩きという荒技

打ち合わせ先でどうしても充電しないといけなくなった時は、お客さんにお願いするしかありません。でもコンセントが遠い!ということは当然あります。こんな時に超物理的な対策ということで電源タップがあれば解決です。最終手段ではありますが、電源タップを持っていたことで数回窮地を脱出したことがあります。またカフェ等だと電源を使える席でも2つくらいまでしか口がありませんが、足りない場合は電源タップで増やすことも。

しっかり電源対策をした上で出かけよう

外でPCを使う場合、やはり一番問題になるのが電源関係です。電源が入らないと何もできないので、しっかり対策をして出かけることを心がけましょう。これからの季節は涼しくてお出かけ先で仕事をするのにいい季節です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました