ベッド周りを便利に快適にしておうち時間を過ごしやすくする4デバイス

ベッド周りを便利に快適にしておうち時間を過ごしやすくする4デバイス ガジェット

皆さんこんにちは。ガジェット好きリモートワーカーの小島宏和です。

テレワークで出勤しなくていい日が増えてたっぷり眠れるようになったから気が抜けて、むしろ出勤のためのPCログインに遅れそうになることありますよね。めっちゃわかります!

今回は自宅のベッド時間をより快適にするアイテムと生活にメリハリをつけるアイテムを紹介します!

デジタルアイマスク

テレワークをしている人は基本的に一日中PC作業だと思いますし、家に篭っていると仕事以外もPCやタブレットなどのデジタルデバイスのモニターを見て過ごすことが多いのではないでしょうか。私も一日の終わりにはなんだか目が霞む、まぶたが重い、目を閉じてもなんだか落ち着かないことがありました。

そこで活躍するのがデジタルアイマスク!コンビニとかで売ってる普通の蒸気アイマスクもいいんですが、デジタルだと目の周りのマッサージをしてくれたり蒸気の出方を調節出来たりBluetoothで音楽を流せたり、リラックスできるためにできることがとても増えます。ベッドに横になってから10分間装着して上記マッサージをしてもらいながらリラックスできる音楽を流せば、睡眠の質がめちゃくちゃ上がります。

ワイヤレススマホ充電器兼目覚まし時計

ベッドに横になってからスマホ弄りつつ寝落ちしてしまい、朝になったら電池が切れてたということありますよね。そんな時にいちいちコンセントに指すために体を起こすのは面倒。ワイヤレススマホ充電機能がついている目覚まし時計が枕元にあれば、スマホを載せるだけですぐに充電が始まります。

また、安心して二度寝して寝落ちということにならないように目覚ましであるわけです。自分の好きな音楽やラジオが目覚ましがわりに再生されるのも、無味乾燥なベル音で起こされるよりはいい1日の始まりになりそうです。

ヘルストラッカー、スマートウォッチで睡眠の状況を分析

高ければ高いほど機能が増えて質が高くはなりますが、軽くて小さいヘルストラッカー、スマートウォッチを腕につけて眠るのもおすすめ。自分の睡眠の質を分析してくれ気づくきっかけになります。また、一日中つけておくことで健康状況も知ることができ、おうちでずっと過ごす事によるストレスや体の変化も教えてくれるのは安心です。

スマホやPCに届く各種通知も見ることができるため、朝起きて何が起きているのかを手元ですぐ確認することができるのも便利なのではないでしょうか。寝坊して鬼のように通知が届いているのを見るのは避けたいところですが…。

磁場で睡眠の質を向上するデバイス

ぐっすり眠れない、朝起きても疲れが取れていないなど睡眠の質の低さに悩んでいる場合には枕元に置く不思議なでナイスを試してみては?脳波を安定させる磁場を作ることでスムーズに眠りに入れ翌朝もスッキリ目覚められます。

ベッド時間を快適にすればおうち時間がより楽しく

ベッド時間を快適にすればおうち時間がより楽しく

寝るのが楽しみ!ぐっすり眠れて朝すっきりという環境を作れれば仕事も遊びもパワフルに取り組めるはず。パフォーマンスを上げるためにまずはベッド周りを工夫してみるのもいいのではないでしょうか。くれぐれもベッドに寝たまま一日過ごすようにならないようにだけはお気をつけて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました